~日本のヘレン・ケラーを支援する会~
社会福祉法人 全国盲ろう者協会

新着情報

ホーム > 新着情報

エントリー

2019年度 第10回全国盲ろう者体験文コンクール 作品募集案内

当協会では、公益財団法人鉄道弘済会のご協力を得て、「第10回全国盲ろう者体験文コンクール」の作品を募集いたします。応募できる方は、当協会に登録をしている盲ろうの方々です。どうぞふるってご応募ください。


2019年度
第10回全国盲ろう者体験文コンクール
作品募集案内

主催:社会福祉法人全国盲ろう者協会
協賛:公益財団法人鉄道弘済会

1.目的

盲ろう者が当事者としての生活体験を綴り、これを広く社会に発表することによって、盲ろう者に対する社会の正しい理解を深めます。また、盲ろう者の文化的活動の向上を図り、盲ろう者の社会参加をさらに促進させ、盲ろう者福祉の進展に寄与することを目的とします。

2.応募資格

当協会へ登録をしている盲ろうの方々が対象です。年齢は問いません。

3.募集テーマ

次の二つのテーマで募集します。どちらか一つのテーマで応募してください。

●テーマ1:「自然災害と私」

盲ろう者の視点で、これまでに自身が体験した自然災害や、その体験を通しての防災・減災への備え、取り組み等を綴った作文。

●テーマ2:「自由課題」

盲ろう者の立場で、日頃感じている意見や感想、または生活体験の紹介などを内容とした作文。

4.字数

墨字に換算して2000字(400字詰め原稿用紙5枚)以内。点字1行32マスで100行から120行程度以内。
字数制限を超えた作品は、審査の対象となりません。
なお、作品の題名は字数に含みません。

5.必ず記載していただきたい事項

 作品の末尾には、必ず次の事項を書いてください。これらの事項は、制限字数に数えません。
 ア.氏名(必ずふりがなをつけてください)
 イ.応募テーマ(テーマ1、2のどちらか)
 ウ.作品の題名
 エ.郵便番号
 オ.住所
 カ.電話番号、FAX番号、Eメールアドレス等、連絡を取るのにもっとも都合のよいもの。
 キ.手話等を読み取った人および代筆をした人の 氏名・連絡先(審査の際に、内容等について確認のお問い合わせをする場合があります)

※補足
(1)上記(ア~キ)を書き忘れて提出される方が、毎回いらっしゃいます。忘れずにご記入ください。
(2)ここに書かれた事項は、審査に際してのお問い合わせ、諸連絡等でのみ使用します。郵便番号、住所、連絡先、手話を読み取った人および代筆をした人の氏名・連絡先は、一切公表されることはありません。

6.応募方法・締め切り日

 郵送、FAX、Eメールのうち、いずれかの方法で、当協会までお送りください。締め切りは、2019年5月13日(月)必着とします。

7.注意等

(1)点字による応募もできます。その場合、作品の発表にあたっては、漢字仮名交じり文に直して発表しますので、ご了承ください。
(2)手話を読み取り、文章にした作品でも差し支えありません。

8.審査・結果通知

 作品は、体験文コンクール審査員(4名まで)で構成される審査会において審査を行い、特賞(1編)、入賞(2編まで)を決定します。なお、審査会の合意を得た場合のみ、審査員賞を設ける場合があります。
 審査結果は、郵送等でお知らせするほか、直近の 『協会だより』『コミュニカ』等で発表します。

9.表彰・作品発表

 受賞者には、全国盲ろう者大会等、協会主催の行事の席上で、賞状と目録の伝達を行います。行事に参加できない方は、賞状を郵送します。いずれの場合も、賞金は銀行振込にてお支払いします。
 また、受賞作品は『コミュニカ』及びホームページ等で発表します。
 特賞 1編   賞状・賞金  30,000円
 入賞 2編まで 賞状・賞金 各10,000円

10.応募先

〒162-0042
東京都新宿区早稲田町67番地 早稲田クローバービル3階
社会福祉法人全国盲ろう者協会「全国盲ろう者体験文コンクール係」
電話 03-5287-1140  FAX 03-5287-1141
Eメール info@jdba.or.jp

年末年始に伴う事務所休業について

  • 2018/12/21 13:51

本年も当協会の活動に多くのご支援を賜り、ありがとうございました。年末年始に伴い、下記の期間、当協会事務所を休業いたします。
皆様にはご不便をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

●休業期間●

平成30年12月29日(土)~平成31年1月3日(木)

※メール、FAXにつきましては、休業期間中も受け付けております。

盲ろうに関するテレビ番組のご案内

今夏、全国盲ろう者大会と同時開催しました「第1回アジア盲ろう者団体ネットワーク会議」の様子が、12月1日と8日の2週にわたって放映されます。


番組名

ろうを生きる 難聴を生きる「目と耳と言語の壁を越え~アジア盲ろう者会議」

放送局名

NHK Eテレ

放送日

(前編)12月1日(土) 20時45分から21時
(後編)12月8日(土) 20時45分から21時

内容

この秋、初挑戦となる国際会議が千葉で開かれました。目と耳の両方に障害がある「盲ろう者」が、アジア7カ国から集まり、盲ろう者の課題や未来を語り合う会議です。東京大学教授の福島智さんら日本の盲ろう者たちがホストとなり、時には4人の通訳を介して議論を重ねた先に見えてきた盲ろう者の現実、そして希望とは。2週にわたってお送りする白熱の4日間の密着ドキュメント。

番組URL

https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/rounan/857/

福島智氏の著書に関するクラウドファンディング終了及び御礼のご挨拶

  • 2018/11/02 09:30

8月27日から10月31日までの2ヶ月に渡り、皆様にご支援いただきました「盲ろう者・福島智の著書を世界へ届けたい」プロジェクトのクラウドファンディングですが、一昨日をもちまして終了しました。


多くの皆様からのご支援をいただき、第1目標の300万円、第2目標の360万円を、いずれも突破することができ、総額371万5千円のご寄付をお寄せいただきました。皆様の暖かいご支援に、深く感謝申し上げます。

おかげさまをもちまして、このプロジェクトを進めることができます。今後は、実際に英訳版の書籍製作に向けて取り組む所存です。

なお、ご支援いただきました皆様には、12月を目途にお礼状、領収証等を送付させていただきますので、今しばらくお時間をいただければと存じます。このたびは、誠にありがとうございました。

盲ろうに関するテレビ番組のご案内

盲ろう者の福祉と教育について取り上げたテレビ番組が、下記の予定で放送されます。


番組名

ハートネットTV「日本の“盲ろう者”歴史と未来~ヘレン・ケラー没後50年に」

放送局名

NHK Eテレ

放送日

10月24日(土)20時~20時29分
再放送:翌週(水)13時05分~

内容

盲ろう者として障害者の教育・福祉の発展に尽くしたヘレン・ケラーが亡くなって50年の今、東京大学先端科学技術研究センターの福島智教授、盲ろう教育の専門家、横浜訓盲学院の中澤惠江学院長に話を聞きます。ヘレン・ケラーは日本の障害者福祉にも大きな影響を与え、教育分野も進歩しました。しかし、盲ろう者の福祉と教育は、これまで充分に整備されてきませんでした。ところが今、福祉と教育で新たな動きが始まっています。

番組URL

https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/heart-net/819/

盲ろうに関するラジオ番組のご案内

盲ろう者の夫と暮らしながら、通訳・介助員としても活動されている渡井真奈さん。そんな渡井さんが行っている盲ろうについての啓発活動と、渡井さんのご家族を取り上げたラジオ番組が放送されます。


番組名

視覚障害ナビ・ラジオ

放送局名

NHKラジオ第2

放送日

2018年10月21日(日)19時30分〜20時
再放送:2018年10月28日(日)7時30分〜8時

内容

『家族を生きる盲ろうの夫とともに』。東京・杉並区に暮らす渡井真奈(わたい・まな)さんは、夫が盲ろう者で、自らも通訳・介助者として働いています。10年以上に渡り、自作の紙芝居を使って、小学校などで盲ろうという障害を理解してもらうための特別授業を行ってきました。渡井さんの活動を紹介するとともに、一家の紡ぐ家族の物語をお伝えします。

番組URL

https://www.nhk.or.jp/heart-net/shikaku/list/detail.html?id=47146#contents

福島智氏の著書に関するクラウドファンディングへの代理購入について

  • 2018/09/26 16:27

以前ご案内しました盲ろう者・福島智氏の著書の英訳版刊行・普及に向けたクラウドファンディングにつきまして、ご支援・ご関心をお寄せ頂き、厚くお礼申し上げます。

このクラウドファンディングによるご寄付を頂く際は、Readyforというサイトにご登録頂く必要がございますが、「登録方法が難しい」「分かりにくい」といったご意見を頂戴しておりました。

そこで当協会では、本クラウドファンディングに対するインターネットからのご寄付が難しい方々に対し、より簡単にご支援を頂けるよう、当協会が代理購入を承ることと致しました。

代理購入をご希望の方は、当協会の三菱UFJ銀行口座(下記参照)に、寄付額をご入金頂いた後、下記の事項を当協会までメール、FAX(03-5287-1141)、電話(03-5287-1140)のいずれかの方法にてお知らせ下さい。

◎代理購入の受付口座

三菱UFJ銀行 神保町支店(店番013)
普通預金 2190735
社会福祉法人全国盲ろう者協会
フク)ゼンコクモウロウシャキョウカイ
※本口座以外への御入金は受け付けておりませんので、ご容赦ください。

◎御入金後、下記の項目をお知らせ下さい。なお、当協会ホームページ内の専用フォーム、またはicon-excel-small.jpgエクセル版フォームもご利用いただけます。

*******
1.ご入金日:
2.氏名:
3.郵便番号:
4.住所:
5.電話:
6.FAX:
7.Eメール:

8.希望するリターン(申込コースのこと。下記よりお選び下さい)
 3,000円(お礼状、寄付領収証をお送りします)
 10,000円(翻訳版書籍にあなた様のお名前を掲載しますほか、お礼状、寄付領収証をお送りします)
 30,000円(翻訳版書籍にあなた様のお名前を掲載します。また、同書籍を1部と、お礼状をお送りします)
 30,000円(翻訳版書籍にあなた様のお名前を掲載しますほか、お礼状、寄付領収証をお送りします)
 50,000円(翻訳版書籍にあなた様のお名前を掲載しますほか、お礼状、寄付領収証をお送りします)
 100,000円(翻訳版書籍にあなた様のお名前を掲載しますほか、お礼状、寄付領収証をお送りします)

9.プロジェクトが目標金額に達しない場合の寄付金の扱いについて、下記よりお選び下さい。
 A.返金を希望する(返金先口座をご記入下さい)
 B.返金を希望しない(この場合、当協会へのご寄付とさせて頂きます)

10.返金先口座(上記でA.返金を希望する、を選択した方のみご記入下さい。銀行コード、支店コードにつきましては、分からない場合は空白で結構です)
 銀行名:
 銀行コード:
 支店名:
 支店コード:
 口座番号:
 口座名義:
*******

盲ろうに関するラジオ番組のご案内

当協会の評議員を務める傍ら、世界盲ろう者連盟の前事務局長として世界各国の盲ろう者、支援者と盛んな交流をされている福田暁子さん。そんな福田さんにスポットを当てつつ、海外のの盲ろう者を取り巻く状況について取り上げたラジオ番組が放送されます。


番組名

視覚障害ナビ・ラジオ

放送局名

NHKラジオ第2

放送日

2018年9月30日(日)19時30分〜20時
再放送:2018年10月7日(日)7時30分〜8時

内容

特集「世界の盲ろう者とともに」。ヘレン・ケラー没後50年となる今年6月、「第11回ヘレン・ケラー世界会議」がスペインで開かれ、世界50カ国から総勢530人が参加しました。日本から参加した福田暁子さん(40・全盲ろう)は「盲ろう者も、やっと他の障害者と同じ舞台に立てると希望を感じた」と語っています。さらに福田さんは、自ら呼びかけて「アジア盲ろう者団体ネットワーク会議」を立ち上げ、記念すべき第1回の集まりが、9月1日、千葉県幕張の国際会議場で開かれました。二つの国際会議での体験を踏まえ、盲ろう者をめぐる世界的な状況と課題について、じっくりとお話を伺います。

番組URL

http://www.nhk.or.jp/heart-net/shikaku/list/detail.html?id=47143#contents

北海道胆振東部地震に伴う被害について(第1報)

  • 2018/09/12 13:38

 9月6日に発生しました、北海道胆振東部地震(ほっかいどういぶりとうぶじしん)にて被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。また、亡くなられた方々に、心よりご冥福をお祈りいたします。
 当協会では、この地震による盲ろう者および関係者の被害状況につきまして、聞き取り調査を行いました。
 その結果、9月12日正午時点までに寄せられた情報をお伝えします。今後、さらに詳しい情報が入りましたら、随時お伝えいたします。

9月7日 札幌盲ろう者福祉協会 通訳・介助員より

・公共交通機関はほぼ復旧した。
・商店の商品が少ない。
・余震が続いており、札幌も時々揺れる。
・今日は、社会生活教室で「全国大会の報告会」を予定していたが、6日のうちに「中止(日程未定の延期)」となり、周知もできた。
・10日から事務所も通常体制に戻る予定。

9月8日 札幌盲ろう者福祉協会 通訳・介助員より

・7日夜に、やっと電気が使えるようになった。
・盲ろう者はじめ関係者全員、無事とのこと。
・家屋の被害もなかった。ただ、会員の自宅は軒並み一時停電していた。
・水道は断水していた地域もあったが、全員大丈夫だった。また、マンション以外の家屋に住む方はガスも使えた。

9月10日 札幌盲ろう者福祉協会 富樫会長より

・今日から札幌市視聴覚障がい者情報センターが開館となった。事務所内は、散乱もなく平常通り。
・盲ろう者会員の安否確認もでき、全員無事。支援会員の方も無事。
・余震がまだ続いており、電力供給の心配がある。

盲ろうに関するテレビ番組のご案内

盲ろう児の成長について取り上げたテレビ番組が、下記の予定で放送されます。


番組名

「報道特集」

放送局名

TBS

放送日

9月15日(土)17時30分~18時50分

内容

盲ろう教育をテーマに、種子島の盲ろう児と横浜の盲ろう児について、数年にわたる成長を追ったドキュメンタリー。

番組URL

http://www.tbs.co.jp/houtoku/

ページ移動

ユーティリティ

新着画像

Feed