~日本のヘレン・ケラーを支援する会~
社会福祉法人 全国盲ろう者協会

新着情報

ホーム > 新着情報

エントリー

カテゴリー「メディア」の検索結果は以下のとおりです。

盲ろう者に関するテレビ番組のご案内

盲ろうの子どもたちについて特集したテレビ番組が放送される予定です。

放送局

TBS系列

番組名

報道特集
番組内特集「盲ろうの子どもたち」

放送日時

2017年4月1日(土)午後5時30分~(特集は18時頃からの予定)
※都合により延期になる場合もあります。

4月完成予定の盲ろうドキュメンタリー映画「もうろうをいきる」について

盲ろう者とその周りの人々の日常をつづったドキュメンタリー映画「もうろうをいきる」が、本年4月に完成予定です。全国の様々な場所で暮らす盲ろうの方々の日々の暮らしと思いを伝える内容となっており、当協会も製作に協力しています。公開スケジュールなど、詳しいことが分かりましたら、当協会ホームページでも随時お知らせしてまいります。

なお、制作会社のシグロでは、本作品の製作並びに上映等に必要な費用をクラウドファンディングにて募っています。詳細は下記のサイトをご参照ください。
https://motion-gallery.net/projects/mourou_wo_ikiru


製作

シグロ

企画

NPO法人バリアフリー映画研究会

企画・製作

山上徹二郎、大河内直之、北岡賢剛

プロデューサー

小町谷健彦

監督

西原孝至

撮影

加藤孝信、山本大輔

協力

全国盲ろう者協会、各地の盲ろう者友の会、東京大学先端科学技術研究センター・福島研究室、NPO法人メディア・アクセス・サポートセンター(MASC)、Palabra株式会社ほか

作品仕様

撮影HD/完成時間・90分(予定)/完成2017年4月予定

作品趣旨

光と音のない世界を生きる人々がいます。私たちは今回、盲ろう者とその周りの人々の日常を、カメラを通してみつめる映画を企画しました。
人はひとりでは生きていけず、そのつながりの中から希望の糸を紡いでいるのだと思います。生きる喜びや悲しみ、人間の弱さ、孤独を、まじろがずにみつめていく。私たちがつくりたいと思っているのは、そのような眼差しを持ったドキュメンタリーです。この映画が、人と人が共に生きていく「コミュニケーション」そして「多様性」について思案をめぐらせる、ひとつの契機になることを願っています。

盲ろう者に関するテレビ番組のご案内

「盲ろう者」と震災をテーマにした番組が2週にわたって放送されます。

放送局

NHK Eテレ

番組名

ろうを生きる 難聴を生きる
「盲ろう者が語る3.11 前編」

内容

目と耳の両方に障害がある「盲ろう者」。普段からひとりでは状況把握が難しく、移動もままならない。東日本大震災から6年。災害時の盲ろう者への支援体制はまだまだ不十分だと言われている。そこで番組では、初の試みとして宮城県多賀城市で公開収録を実施。岩手・宮城・福島の盲ろう者に震災の経験を語ってもらい、緊急時に必要な支援を考えていく。「盲ろう者」と震災をテーマに2週にわたって放送する。今回はその前編。

放送日時

2017年3月4日(土)午後8時45分~9時
(再放送)2017年3月10日(金)午後0時45分~
※放送時間は変更される場合があります。

番組URL

http://www.nhk.or.jp/heart-net/rounan/backnumber/detail.html?id=39827

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

ユーティリティ

Feed