~日本のヘレン・ケラーを支援する会~
社会福祉法人 全国盲ろう者協会

新着情報

ホーム > 新着情報

エントリー

2018年06月の記事は以下のとおりです。

盲ろう者向け通訳・介助員養成講習会指導者養成研修会、および全国盲ろう者団体ニューリーダー育成研修会の受講者募集案内を公開しました

当協会では昨年度に引き続き、下記の2つの研修会を開催します。詳細につきましては、各研修会ごとに設けました特設サイト内の末尾にあります資料をダウンロードの上、ご確認下さい。

(1)平成30年度「盲ろう者向け通訳・介助員養成講習会指導者養成研修会」(10月6日~9日開催)
  → 特設サイト

(2)平成30年度「全国盲ろう者団体ニューリーダー育成研修会」(11月3日・4日開催)
  → 特設サイト

大阪府北部で起きた地震に伴う盲ろう者および関係者の被害状況について(第2報)

  • 2018/06/22 13:20

6月18日7時58分頃に発生しました大阪府北部で起きた地震に伴います、盲ろう者および関係者の被害状況につきまして、6月22日正午時点までに当協会へ寄せられた情報をお伝えします。

●大阪盲ろう者友の会/生活介護事業所「手と手とハウス」
・「手と手とハウス」通所者は全員無事。火曜日から通所できている。
・通所していない盲ろう会員には、FAX等で問い合わせをしている。

●京都盲ろう者ほほえみの会
・盲ろう会員23名中14名より返事があった。うち、13名は被害無し。1名は、家財道具が落下したものの、怪我もなく無事。
・その他、ガスが止まった際の復帰ボタンが分からず、管理会社に来てもらった方が1名いらっしゃった。

大阪府北部で起きた地震に伴う盲ろう者および関係者の被害状況について(第1報)

  • 2018/06/19 12:01

6月18日7時58分頃に発生しました大阪府北部で起きた地震に伴います、盲ろう者および関係者の被害状況につきまして、6月19日正午時点までに当協会へ寄せられた情報をお伝えします。今後、さらに詳しい情報が入りましたら、当ホームページにてお伝えいたします。


●大阪盲ろう者友の会/生活介護事業所「手と手とハウス」
・「手と手とハウス」は休所し、利用者に連絡を取っているが、メールは届くもののFAXの通信がうまくいかず苦労している。

●視聴覚二重障害者福祉センターすまいる/グループホーム「ミッキーハウス」
・すまいるは全員無事。「ミッキーハウス」の入居者は、ミッキーハウスで待機中。
・職員は交通マヒのため、出勤できずにいる。ある職員宅は、めちゃくちゃになった。

●ひょうご盲ろう者友の会/ひょうご盲ろう者支援センター
・盲ろう者、通訳・介助員の怪我等の情報なし。
・水道などに影響なし。
・交通機関が全てストップし、途中電車からおろされた方がおり、対応に追われた。
・エレベーターが止まってしまい、外階段の鍵をもっていなかったため、夕方まで事務所に入れなかった。

●しが盲ろう者友の会
・当日朝8時50分に盲ろう者に連絡をとり、そのうち、9名から無事との返信があった。

災害時における盲ろう者へのご配慮のお願い

  • 2018/06/18 17:22

本日、6月18日朝に発生しました、近畿地方を震源とする地震により被災された皆様におかれましては、謹んでお悔やみ、お見舞い申し上げます。当協会では、現在、近畿地方の盲ろう関係団体に対し、被災状況の確認を行っております。詳細が分かり次第、お伝え致します。

なお、当協会ホームページにおきまして「災害時における盲ろう者へのご配慮のお願い」を掲載しております。もし、被災された方々のお近くに盲ろうの方がいらっしゃった際は、ご参考頂ければ幸いです。

●災害時における盲ろう者へのご配慮のお願い http://www.jdba.or.jp/disaster/attention.html

平成30年度 「盲ろう者向け通訳・介助員派遣、養成・現任研修、盲ろう者関連事業 実施状況調査」 電子データ版調査票を公開しました

当協会では、厚生労働省からの委託を受けて「盲ろう者向け通訳・介助員派遣、養成・現任研修、盲ろう者関連事業 実施状況調査」を行っています。

先ごろ、各事業を実施されている団体様に、紙媒体による調査票をお送りしました。その際、ご案内しました電子データ版調査票の準備が整い、下記のURLにて公開しておりますので、よろしければご利用下さい。

各団体の皆様におかれましては、お手数ではございますが、本調査への回答にご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

平成30年度「盲ろう者向け通訳・介助員派遣、養成・現任研修、盲ろう者関連事業 実施状況調査」電子データ版調査票 公開ページ(調査回答団体様向け)URL

http://www.jdba.or.jp/dborg/h30research.html

盲ろうに関するラジオ番組のご案内

本年4月より、障害福祉サービスのひとつである「同行援護」の枠の中に、盲ろう者が利用できる仕組みが加わりました。この同行援護について取り上げたラジオ番組が放送されます。


番組名

何が変わった?同行援護

放送局名

NHKラジオ第2

放送日

2018年6月3日(日)19時30分~20時
再放送:2018年6月10日(日)7時30分~8時

内容

今年4月、同行援護制度が改正され、「身体介護あり」「身体介護なし」の二本立てだった報酬は一本化、盲ろう者向けの仕組みも作られました。この改正によって、「ヘルパーの賃金が低く人材を確保できない」「事業所の経営が困難でサービスが増えない」「盲ろう者には使えない」といった同行援護の課題は改善するのでしょうか?地方の事業所と利用者の実情を取材して、検証します。さらに「地域間格差」や「利用制限」など積み残された制度の問題点を考えるとともに、利用者が事業所を選ぶ際のポイントなども伝えます。

番組URL

http://www.nhk.or.jp/heart-net/shikaku/list/detail.html?id=47126#contents

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

新着画像

Feed