~日本のヘレン・ケラーを支援する会~
社会福祉法人 全国盲ろう者協会

新着情報

ホーム > 新着情報

エントリー

平成29年度「盲ろう者向け情報機器指導者養成研修会」受講者募集案内

当協会では、厚生労働省委託事業として、「情報機器活用訓練促進等事業」を実施します。その一環として、「盲ろう者向け情報機器指導者養成研修会」および「コミュニケーション訓練個別訪問指導」(別エントリー記事参照)を開催いたします。

●盲ろう者向け情報機器指導者養成研修会

盲ろう者向け情報機器指導者の養成を図り、盲ろう者がパソコン等情報機器の操作を学ぶ機会を拡大することにより、情報バリアフリーおよび社会参加の推進に資することを目的としております。

受講を希望される方は、下記をご参照いただき、末尾にありますリンク先より関連書類をダウンロードの上、お申し込みください。


平成29年度「盲ろう者向け情報機器指導者養成研修会」開催要領

1.目的

本研修会は、盲ろう者向け情報機器指導者の養成を図り、もって盲ろう者がパソコン等情報機器の操作を学ぶ機会を拡大し、情報バリアフリーおよび社会参加の推進に資することを目的とする。

2.主催

社会福祉法人 全国盲ろう者協会

3.日程
●画面ユーザー向け指導者コース <パソコン(Windows 10)、タブレット(iPad)>:

平成29年6月23日(金)~25日(日) 計3日間

●点字ユーザー向け指導者コース<点字情報端末(ブレイルセンス)>:

平成29年7月15日(土)~17日(月・祝) 計3日間

4.場所

 ※画面および点字ユーザー向け指導者コース共に同じ会場です。
 AP西新宿 5-A会議室(ホームページ
 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-2-4 新宿喜楓ビル5階
 電話 03-5348-6109

5.研修対象者

次の条件を満たす方
・盲ろう者福祉に熱意があり、盲ろう者に対しての情報機器指導を志す方、もしくは学校・団体・個人等で指導に従事している方。
・日常的にパソコン等を活用し、メーラーのアカウント設定ができる方。
※「点字ユーザー向け指導者コース」受講者は、点字ディスプレイに表示されている点字(アルファベット含む)を読めること、パーキンスブレーラー方式での点字入力が可能であること。

6.受講定員

「画面ユーザー向け指導者コース」、「点字ユーザー向け指導者コース」ともに、それぞれ10人程度(障害は不問、盲ろう者枠若干名予定)。

7.カリキュラム

検討中(参考のため(別添3-1、3-2)にて昨年度のカリキュラムを掲載しています。

8.研修目標

・盲ろう者を正しく理解する。
・盲ろう者に合った情報機器環境を選択・構築できる。
・盲ろう者のニーズを汲み取り、その盲ろう者のコミュニケーション手段・必要なユーザーインターフェース等を考慮した上で、適切な指導ができる。

9.研修料

各コース毎に3千円(交通費・宿泊費・食費は自己負担とする)。

10.受講証交付

一定時間の研修を受けた方に対しては受講証を交付する。

11.申込締切

平成29年4月21日(金)必着

12.申込方法

(別添2)「平成28年度盲ろう者向け情報機器指導者養成研修会申込方法・諸注意」参照

13.申込先

社会福祉法人 全国盲ろう者協会(担当:小林)
〒162-0042 東京都新宿区早稲田町67番地
早稲田クローバービル3階
電話 03-5287-1140  FAX 03-5287-1141
Eメール info@jdba.or.jp

14.ダウンロード

その他、詳細等につきましては、下記よりダウンロードしてください。

(1)別添1~3、別紙1-1・1-2・2(※)

icon-word-small.jpgicon-excel-small.jpgワード・エクセル版(zip形式)

icon-bes-small.jpg点字版(BES形式)

※内訳:
・別添1 開催要領
・別添2 申込方法
・別添3 (参考)平成28年度版カリキュラム
・別紙1-1 受講申込書(盲ろう者、非盲ろう者共通)
・別紙1-2 受講申込書(盲ろう者のみ記入)
・別紙2 アンケート

ページ移動

ユーティリティ

Feed