~日本のヘレン・ケラーを支援する会~
社会福祉法人 全国盲ろう者協会

新着情報

ホーム > 新着情報

エントリー

カテゴリー「研修会・講習会」の検索結果は以下のとおりです。

平成27年度「盲ろう者向け通訳・介助員養成講習会指導者養成研修会」受講者募集のご案内

icon-attention.png(本事業の受講者募集受付は終了しました)

 当協会では、各地で行われている「盲ろう者向け通訳・介助員養成講習会」における指導者(講師)養成に特化した研修会として、今年度より「盲ろう者向け通訳・介助員養成講習会指導者養成研修会」を実施することといたしました。

 本研修会は、昨年度まで実施しておりました「盲ろう者向け通訳・介助員養成のためのモデル研修会」に代わるものとなります。変更の経緯につきましては、本年6月10日にアップしました記事、「当協会主催「盲ろう者向け通訳・介助員養成のためのモデル研修会」の内容・名称変更について」をご参照ください。

 受講対象者は、各地域で盲ろう者向け通訳・介助員養成講習会の指導に携わる方、及び近い将来指導に携わる見込みのある方のうち、都道府県・指定都市・中核市障害保健福祉主管部(局)長の推薦を受けた方です。その他、詳細につきましては、下記をご参照の上、末尾にありますリンク先より、関連書類をダウンロードしてください。


平成27年度「盲ろう者向け通訳・介助員養成講習会指導者養成研修会」開催要領

1.目的

本研修会は、盲ろう者の自立と社会参加を図るために、全国各地で開催される「盲ろう者向け通訳・介助員養成講習会」において、指導者(講師)として携わる者を養成することによって、盲ろう者の福祉の促進に寄与することを目的とする。

2.主催

社会福祉法人 全国盲ろう者協会

3.日程

平成27年10月31日(土)12:00 ~ 11月4日(水)14:30終了予定 (5日間)

4.場所

全国障害者総合福祉センター(戸山サンライズ)
〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話 03-3204-3611
URL http://www.normanet.ne.jp/~ww100006/tizu.htm

5.受講対象者

各地域で盲ろう者向け通訳・介助員養成講習会の指導に携わる者及び近い将来指導に携わる見込みのある者のうち、都道府県・指定都市・中核市障害保健福祉主管部(局)長の推薦のあった者(推薦書様式別紙4)

6.受講定員

20名程度

7.研修内容

平成27年度「盲ろう者向け通訳・介助員養成講習会指導者養成研修会カリキュラム」(別添3)の通り

8.研修会費用

3,000円(交通費・宿泊費・食費は自己負担とする)

9.修了証交付

一定時間の研修を受けた者に対しては修了証を交付する。

10.申し込み方法

「平成27年度盲ろう者向け通訳・介助員養成講習会指導者養成研修会申し込み方法・諸注意」(別添2)参照

11.申し込み締切

平成27年9月4日(金)必着

12.申し込み先

社会福祉法人 全国盲ろう者協会(担当:小林)
〒162-0042 東京都新宿区早稲田町67番地
早稲田クローバービル3階
電話 03-5287-1140 FAX 03-5287-1141
Eメール info@jdba.or.jp

13.ダウンロード

その他、詳細等につきましては、下記よりダウンロードしてください。

(1)別紙1~3・別添1~4(※)

icon-word-small.jpgicon-excel-small.jpgワード・エクセル版(zip形式)
icon-bes-small.jpg点字版(bes形式)

 ※内訳:別添1 開催要領、別添2 申込方法・諸注意、別添3 平成27年度カリキュラム、別紙1 受講申込書、別紙2 受講申込書(盲ろう者用)、別紙3 志望動機、別紙4 推薦書

当協会主催「盲ろう者向け通訳・介助員養成のためのモデル研修会」の内容・名称変更について

 当協会では、昨年度まで実施してまいりました「盲ろう者向け通訳・介助員養成のためのモデル研修会」につきまして、今年度より名称と内容を改め、「盲ろう者向け通訳・介助員養成講習会指導者養成研修会」として実施することといたしました。

 平成25年4月より、盲ろう者向け通訳・介助員派遣事業及び同養成研修事業が、地域生活支援事業における都道府県(指定都市・中核市を含む。以下同じ。)の必須事業と位置づけられたこと、また、これに併せて、盲ろう者向け通訳・介助員養成研修の標準カリキュラムが、厚生労働省より通知されました。

 このことを受けて、当協会では、平成25、26年度につきましては、この「標準カリキュラム」の定着・普及を目的に、「通訳・介助員を目指す者」、「指導者を目指す者」双方の受講者を受け入れる形で、養成研修会を実施してまいりました。

 この2年間の経過を経て、「標準カリキュラム」が次第に各都道府県の養成研修会でも取り入れられるようになり、研修時間も増加してきたことに伴い、講師となる人材の不足を訴える声が益々強まってきています。

 このようなことから、今後は、通訳・介助員の養成につきましては、各都道府県で実施される講習会に委ねることとし、当協会では、指導者(講師)養成に特化した研修会を実施する次第です。

 皆様におかれましては、本研修会の趣旨をご理解いただきますとともに、関係各位へのご周知のほど、何卒、よろしくお願い申し上げます。

 なお、今年度の本研修会の実施につきましては、本年7月を目途に受講生の募集を開始すべく、鋭意準備を進めていることを申し添えます。

ページ移動

ユーティリティ

Feed