画像:体験文コンクール
   全国盲ろう者体験文コンクール      

ホーム > 全国盲ろう者体験文コンクール > トップ

概要

 「全国盲ろう者体験文コンクール」は、盲ろう者が当事者としての生活体験を綴り、これを広く社会に発表することによって、盲ろう者に対する社会の正しい理解を深めること、また、盲ろう者の文化的活動の向上を図り、盲ろう者の社会参加をさらに促進させ、盲ろう者福祉の進展に寄与することを目的として開催しています。
 応募対象者は、当協会へ登録をしている盲ろうの方々です。応募作品は、本コンクール審査員らによる審査を経て、入賞作品を決定します。入賞作品は、当協会が発行している盲ろう者の専門誌『コミュニカ』にて掲載しています。また、入賞作品の執筆者には、全国盲ろう者大会開会式におきまして、表彰式を行い、賞状と賞金をお渡ししています。

開催履歴・入賞作品

本コンクールの開催履歴および入賞作品をご紹介します。作品の題名をクリックされますと、作品をお読み頂くことができます。

第1回(平成22年)
特賞「盲ろう人生 充実な日々を得る為の自覚と通訳者」木村順子(愛知県)
入賞「私の挑戦」高原シゲミ(徳島県)「言葉」田畑快仁(神奈川県)
第2回(平成23年)
特賞「私らしく・・・」新長季之(愛知県)
入賞「見えなくなって見えたもの」岡本長孝(滋賀県)「感じること、そして思う」原尚子(千葉県)
審査員賞「盲ろう障害者として人として、我が行き来しの80余年」山下照子(愛媛県)
第3回(平成24年)
特賞「3重苦を乗り越えて ~私の夢~」遠目塚秀子(宮崎県)
入賞「自立した生活がしたい……」渡邉洋子(新潟県)「努力あって 私の人生-再びこの手で編み物を編めた喜び-」佐藤秀子(新潟県)
審査員賞「暗い社会から明るい社会へ」柳澤順子(長野県)
第4回(平成25年)
特賞「私の足跡を振り返って」岡田光正(群馬県)
入賞「人と社会と繋がっていたい」大源應子(大坂府)「私の人生・生き生きと」熊懐英徳(大阪府)
第5回(平成26年)
特賞「夫の病を振り返って」矢橋和子(山口県)
入賞「苦しい日々を乗り越えて」三原 妙子(鹿児島県)「ドラムに出会って」安食利行(島根県)
審査員賞「お母さんの歩く道」山本裕子(神奈川県)
第6回(平成27年)
特賞LinkIcon「盲ろう者になって」小杉純弘(和歌山県)
入賞LinkIcon「かたい かたい」林美喜子(鹿児島県)LinkIcon「二人三脚で」米山通子(富山県)
審査員賞LinkIcon「盲ろう者になっても働き続けたい」安食利行(島根県)
第7回(平成28年)
特賞LinkIcon「生かされてる命と繋がる心の喜び」前田光治(熊本県)
入賞LinkIcon「母さん有難う」宮里進(沖縄県)LinkIcon「私の歩み」岡田昌也(滋賀県)
第8回(平成29年)
特賞LinkIcon「まんだまんだ、これから」森みづゑ(鳥取県)
入賞LinkIcon「盲ろう者の父として」井戸上勝利(奈良県)