〜日本のヘレン・ケラーを支援する会〜
社会福祉法人 全国盲ろう者協会

報告書データベース

ホーム > 報告書データベース > データベース全件表示 > データベース詳細表示

 平成24年度 盲ろう者に関する実態調査報告書
発行年月日:平成25年3月31日
特記事項:厚生労働省 平成24年度障害者総合福祉推進事業
ダウンロード:
・Pdf版
分類1:事業報告書
分類2:実態調査
分類3:平成24年度
目次
はじめに 1

第1部 視覚・聴覚の身体障害者手帳の交付状況についての調査 3
 第1章 調査の概要 5
  1.調査の目的 5
  2.調査の対象 5
  3.調査の基準日 5
  4.調査の方法 5
  5.回収結果 5
  6.調査の項目 5
  7.利用上の注意 5
 第2章 結果の概要 6
  1.総数 6
  2.基本的属性 6
   (1)性別・年齢階級 6
   (2)視覚障害等級 7
   (3)聴覚障害等級 7
   (4)総合障害等級 8
   (5)視覚障害等級‐聴覚障害等級 8
  3.性別ごとの障害等級 9
   (1)視覚障害等級‐性別 9
   (2)聴覚障害等級‐性別 9
   (3)総合障害等級‐性別 10
   (4)視覚・聴覚障害等級の組み合わせ(4分類)‐性別 10
  4.年齢階級ごとの障害等級 11
   (1)視覚障害等級‐年齢階級 11
   (2)聴覚障害等級‐年齢階級 12
   (3)総合障害等級‐年齢階級 13
   (4)視覚・聴覚障害等級の組み合わせ(4分類)‐年齢階級 14
  5.自治体ごとの状況 15
   (1)性別、年齢階層(3分類)、視覚・聴覚障害等級の組み合わせ(4分類)‐自治体 15
   (2)都道府県ごとの推計手帳交付盲ろう者数と身体障害者手帳交付率 19

第2部 目と耳の両方に障害のある方の生活状況に関する調査 21
 第1章 調査の概要 23
  1.調査の目的 23
  2.調査の対象 23
  3.調査の基準日 23
  4.調査の方法 23
  5.回収結果 23
  6.調査項目 23
  7.利用上の注意 23
 第2章 結果の概要 26
  1.調査協力者の基本的属性 26
   (1)年齢(階級・平均)、性別 26
   (2)視聴覚障害組み合わせ(等級) 27
   (3)視聴覚障害組み合わせ(状態・程度) 28
   (4)視聴覚障害の受障経緯 30
   (5)可能および最も円滑な発信コミュニケーション方法 32
   (6)可能および最も円滑な受信コミュニケーション方法 34
   (7)性別、年齢階層(3段階)、視覚・聴覚障害等級の組み合わせ(4分類)‐自治体 36
  2.回答者 39
   (1)回答者 39
   (2)回答代行者 43
  3.住まい 47
   (1)住居の種類 47
   (2)同居者(複数回答) 51
   (3)暮らしの希望 54
  4.生活のしづらさ 58
   (1)生活のしづらさの発生年齢(階級・平均) 58
   (2)生活のしづらさの変化 61
   (3)生活のしづらさの頻度 65
  5.視覚障害 69
   (1)視覚障害の発症年齢(階級・平均) 69
   (2)視覚障害の進行 73
   (3)視力の状態(下位項目) 77
   (4)視野の状態 81
   (5)視覚障害等級 85
  6.聴覚障害 89
   (1)聴覚障害の発症年齢(階級・平均) 89
   (2)聴覚障害の進行 93
   (3)聴力の状態 97
   (4)聴覚障害等級 101
  7.障害全般 105
   (1)視覚・聴覚以外の障害の有無 105
   (2)視覚・聴覚以外の障害の種類(複数回答・下位項目) 109
   (3)視覚・聴覚以外の障害の等級(下位項目) 113
   (4)総合等級 133
   (5)障害程度区分認定 137
   (6)障害程度区分(下位項目) 141
  8.コミュニケーション 145
   (1)可能な発信コミュニケーション方法(複数回答) 145
   (2)最も円滑な発信コミュニケーション方法 149
   (3)独力での発信能力 153
   (4)可能な受信コミュニケーション方法(複数回答) 157
   (5)最も円滑な受信コミュニケーション方法 160
   (6)独力での受信能力 163
   (7)会話頻度 167
   (8)相手別会話頻度 171
  9.外出 183
   (1)単独移動能力 183
   (2)外出頻度 187
   (3)目的別外出頻度 191
   (4)相手別外出頻度 198
  10.情報入手 210
   (1)使用文字(複数回答) 210
   (2)独力での情報入手能力 214
   (3)情報入手頻度 218
   (4)手段別情報入手頻度 222
  11.福祉サービス 228
   (1)福祉サービス利用有無 228
   (2)福祉サービス利用頻度(下位項目) 232
   (3)福祉サービス不利用理由(複数回答) 240
   (4)福祉サービス利用希望有無 244
   (5)福祉サービス利用希望頻度(下位項目) 248
   (6)介護保険サービス利用有無 256
   (7)介護保険の要支援・要介護度(下位項目) 260
   (8)補装具・日常生活用具の支給給付有無 264
   (9)給付・支給済の補装具・日常生活用具(複数回答・下位項目) 268
  12.日中活動の状況と希望 275
   (1)日中の過ごし方(複数回答) 275
   (2)日中の過ごし方の変化の希望有無 282
   (3)希望する日中の過ごし方(複数回答・下位項目) 286
  13.生活全般の困難・ニーズ 293
   (1)生活満足度 293
   (2)生活全般の困難・ニーズ(記述回答) 297
第3部 盲ろう者地域団体の活動状況に関する調査 315
 第1章 調査の概要 317
  1.調査の目的 317
  2.調査の対象 317
  3.調査の基準日 317
  4.調査の方法 317
  5.回収結果 317
  6.調査項目 317
  7.利用上の注意 317
 第2章 結果の概要 319
  1.団体の概要 319
   (1)設立時期 319
   (2)法人格 319
  2.運営の状況 320
   (1)事務所の形態 320
   (2)会員制度 320
   (3)会員数 321
   (4)運営スタッフ数 322
   (5)役員選出規則 324
   (6)役員数 324
   (7)団体意思決定方法 327
  3.活動の実態 328
   (1)活動内容・実績 328
   (2)支援提供人数 329
   (3)連携団体・機関 329
   (4)注力している活動 331
   (5)将来的な活動希望 335
   (6)予算規模 338
   (7)財源比率 339
   (8)財政状況 341
  4.課題とニーズ 341
   (1)運営における困難 341
   (2)支援ニーズ 345

第4部 付録 349

検討委員会 365